「美生柑」の味の虜に

最近「美生柑」という柑橘にハマっている。

「みしょうかん」という読みます。

前からあったのかもしれないのですが、身は依然食べたことがありませんでした。

この間、近所の青果末端で
「和製グレープフルーツとも呼ばれている。
含み笑いカットで何はなくとも」
というPOPを見て、試しに買ってみました。

感じは、グレープフルーツもののレモン黄色色つやで、がたいはオレンジ近く。

家に帰って、早々含み笑い減少としてみました。

包丁を入れたとたんに、さわやか悪臭が台所に広がります。

そうして、ひとくち。

ーみずみずしくてうまい!

グレープフルーツから果肉の粒が小さくて、
酸味も案外きつくはなく食べやすいだ。

生来グレープフルーツ、というムード。

酸っぱいのが苦手なお子さんも大丈夫だと思います。

いちど食べたら虜になってしまって、気がつくとグループすぐにペロリといった食べてしまい…
果物は、極めて糖分があるから、マズいかなあ、なんて思いつつ、
必ず旬のものは旬のポイントしかたべられないし、とパクパク。

冷蔵庫で冷やして、切ったそのままを食するのも大丈夫うまいのですが、
むいてプレーンヨーグルトに入れて、シナモンを振るのもオススメです。

ぜひお企て下さい。